クロスの張替から大規模改修まで。八王子・多摩市のリフォームならモダンリビング。

手狭なキッチン室をすっきり収納&使いやすくリフォーム!キッチンとトイレのリフォーム(TOTO mitteとレストパルL型手洗いあり)

キッチンとトイレの施工事例です。

面積があまり広くない水まわりでも、空間を無駄なく使える機種を選びました。

 

◎ご要望

キッチン室が狭いので、限られた空間の中ですっきり収納できるようにし、

あまり窮屈さを感じずに調理作業ができるようにしたい。

トイレも同様で狭いながらも使いやすい空間にしたい。

 

◎工夫したポイント

キッチン室はコンパクトな設計でキッチンの幅は約2100mmサイズでした。

まな板を置いて食材を切るなどの調理作業がしやすい天板スペースを確保することと、

その場合、洗った食器をどこに置くか、をまず検討しました。

調理作業はもちろんのこと、食器洗いや後片付けのしやすさ、冷蔵庫からの食材の出し入れ、

食器収納からの食器の出し入れ、家電をどこに収納し使うか、

といったキッチン室で行う動作を考えてキッチンを選ぶ必要がありました。

トイレの空間サイズも広くありません。手洗い動作がしやすく掃除道具などもすっきり収納できて

お手入れがしやすいトイレ空間にできるようプランしました。

 

 

【キッチンリフォーム前】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

キッチン室の間口が2150mmで、もともとのキッチンの幅は2130mmでした。

コンパクトなキッチンスペースのため、

キッチン背面にある食器収納も大きい幅のタイプは置けません。

電子レンジはダイニングに置いて使っていました。

ワゴンを置いて食材などの仮置きスペースに使ったり、

冷蔵庫との間の隙間に隙間収納を置いたり、工夫をして使っていました。

またゴミ箱を置くスペースがないため、キッチン室の奥に置いていました。

 

 

【キッチンリフォーム後】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

新しいキッチンはTOTOの「mitte(ミッテ)」です。今回、食洗機を組み込みました。

今までは卓上型の大きい食洗機をシンク上に置いていましたが、

新しい食洗機はビルトインタイプなのでキッチンの上がすっきりしました。

シンクが端まで寄ったので調理作業スペースが以前より広くなりました。

食洗機分の収納は減りましたが、今までの開き扉式ではなく引き出し式収納になったので、

奥に収納した物の出し入れがしやすく、全体収納量は向上します。

背面の食器収納は今までよりも幅が狭いタイプにし、その横に家電収納を設置しました。

家電収納の下はゴミワゴンとなっており、

わずかなスペースも無駄にせず効率よく配置されたプランです。

ダイニングに置いていた電子レンジをキッチン室に置けるようになりました。

また、ゴミ箱置き場もできました。

 

 

【トイレリフォーム前】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

トイレは手洗いがしやすいよう、手洗い器が手前に独立しているタイプが希望でした。

掃除道具は床に置いてトイレットペーパーのストックは吊戸棚に入れていました。

 

 

【トイレリフォーム後】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

TOTOレストパルL型ワンデーリモデル手洗いタイプにしました。

すっきり薄型の手洗い器が手前に付くので、手洗いがしやすくなりました。

また本体キャビネットや手洗い器下が収納になっているので、収納力が増えました。

ストック品もしっかり収納できます。

トイレを広々使うことが最優先であればネオレストやGGの選択肢もありましたが、

収納力と掃除のしやすさ、トイレ自体の機能を検討した結果、

最もお客様の希望に近いトイレがレストパルでした。

 

工事金額は約165万円(消費税抜き)、工期は約4日間でした。

 

八王子市、多摩市、日野市、国分寺市、府中市のキッチンリフォーム・トイレリフォームはぜひモダンリビングにお任せください!

 

 

 

modern-living
八王子・多摩市を中心に、西東京エリアのリフォームならモダンリビングにお任せください。戸建住宅・マンションのリフォーム承ります。

コメントをどうぞ

*


captcha *