クロスの張替から大規模改修まで。八王子・多摩市のリフォームならモダンリビング。

マンション水廻り全体リフォーム(浴室・洗面・キッチン・トイレ)~シンプルで機能性重視の水まわりにリフォーム~

水まわり全体リフォームの施工事例です。

◎リフォーム部位:浴室、洗面、キッチン、トイレ(水まわり4箇所)

◎目的:中古マンションを購入し、水まわりをすべてリフォームしてから入居するため。

◎ご要望:すっきり片付いて掃除がしやすい水まわりにしたい。キッチン・洗面・トイレは収納を増やしたい。普段のお手入れに手間がかからず、作業のしやすい機器を希望。

 

 

【リフォーム前(キッチン)】


 

 

 

 

 

 

 

もともとのキッチンは人造大理石の天板や引き出しが付いていました。引き出しは1段の高さが高く(引き出しの中が深い)、収納物の取り出しやすさを考えた引き出しプランにしたいと考えていました。

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

背面にある食器収納も交換することにしました。一番手の届きやすい位置に食器などを収納したいという希望がありました。

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

また、シンクの排水口やレンジフード、ガスコンロはお手入れがしにくいように感じるので、普段のお手入れがしやすいタイプを検討しました。

 

 

【リフォーム後(キッチン)】


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品は、パナソニックシステムキッチン「ラクシーナ」I型2700サイズ・食洗機あり、

パナソニックカップボード「ラクシーナ」1050サイズです。

 

人造大理石の天板と一体成型された人造大理石のシンクの組み合わせにしました。シンクが左端の方に寄り、調理台の作業スペースが広がりました。お掃除のしやすい排水口です。

食洗機を組み込みました。また、キッチン付近にコンセントがないため「クックコンセント」もつけました。こちらはパナソニックのキッチンにてオプションで付けられます。手元にコンセントがあるのでキッチンの上で家電を使いたいときにすぐ使えます。

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

背面の食器収納は床から天井までのトール食器収納と、家電収納の組み合わせにしました。家電収納の下部はゴミワゴンになっています。狭いスペースにできる限りすべて収まるようにしました。

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

パナソニックのキッチンは3口が横並びになった「トリプルワイド」コンロが選べます。一般的なコンロより手前のスペースが広いので盛り付け作業がしやすく、二人並んでコンロの前に立てます。また、手前のスペースが広いと、加熱時の油の飛び跳ねが床まで届きにくいので、コンロ下の床のお掃除のことを考えても魅力的です。

グリルがなく、コンロの下も収納ができます。グリルをあまり使わない方には、その分収納が増えるので良いですね

レンジフードはお手入れがしやすい「ほっとくリーンフード」にしました。凹凸がほとんどないフラットな本体は拭き掃除がしやすく、油汚れが集まるプレート(フィルターの役目)は食洗機で洗えます。ファンはワンタッチで取り外せますが10年に1回程度のお手入れで良いという商品です。

 

 

【リフォーム前(浴室)】 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

風呂フタが巻きブタでした。排水の栓がゴム栓でした。ドアが折り戸でした。

 

 

【リフォーム後(浴室)】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

商品は、TOTOマンションリモデルユニットバス「WGシリーズ」Dタイプ1418サイズ・乾燥暖房換気扇(三乾王)付きです。

浴槽が保温浴槽となり、フタが保温フタになりました。フラットでお掃除がしやすく壁面に収納できるところが便利です。

排水栓がプッシュ式になり、毎日栓を開け閉めする作業がワンタッチでできるようになりました。

ドアを開き戸にしました。折り戸と比べてフラットなので(折れる部分がないので)よりお掃除がしやすいです。

鏡と収納棚もお手入れしやすいタイプのものを選びました。

 

 

【リフォーム前(洗面室)】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

間口(洗面台の幅)が1090mmありました。新築時の造り付けの洗面台で幅ぴったりにおさまっていました。鏡は三面鏡でした。

 

 

【リフォーム後(洗面室)】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

商品は、TOTO洗面化粧台「オクターブ」幅900mmの洗面台と150mmの収納キャビネットの組み合わせ、スウィング三面鏡・体重計収納付きです。

900mmの洗面台の横に、150mmの収納キャビネットを組み合わせるプランにしました。40mmの隙間部分は扉材と同じ隙間隠し部材で埋めて幅ぴったりにします。

細長い収納ですが、以前より収納力が上がり、頻繁に使うものを置いておけるので便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

鏡はTOTOの「スウィング三面鏡」です。普通の三面鏡になる機能に加えて、鏡を手前に動かすことができます。顔の近くに鏡を持ってこれるのでとても見やすく使えます。

体重計収納を付けました。

蛇口は洗面器と一体成型になったハイバック部分に取り付いており、蛇口まわりに水が溜まらずお掃除がしやすいです。洗面器から一体成型なので水跳ねの拭き掃除がしやすいです。

 

 

【リフォーム前(トイレ)】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

手洗い器付きのトイレでしたが、手洗いは隣の洗面台でするので必要ないとのことでしたので、手洗い器なしのトイレにすることにしました。
お掃除がしやすいタンクレストイレを検討していました。
吊戸棚がありますが、掃除道具などを収納するスペースが欲しいとのことでした。

 

【リフォーム後(トイレ)】


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

商品は、パナソニック「新型アラウーノ・タイプ1」、LIXIL INAX「トイレ収納棚」です。

タンクレストイレにしました。タンクがないのでトイレの後ろ部分などに手が届きやすく、タンクの手洗い器部分のお掃除もしなくて済むようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高さのあるトール収納を取り付けました。半分壁に埋め込み、あまり出っ張らないように設置しました。トイレットペーパーや掃除道具などが収納できて、可愛い小物を飾るスペースもあります。

 

 

≪全体の感想≫

もともとの設備機器も十分綺麗でまだまだ使える状態でしたが、より使いやすく暮らしやすくするためのリフォームでした。

“すっきり片付いて掃除がしやすい水廻りにする”というご要望通りになるように商品を選びました。

少しでも収納力を増やし、できる限り掃除の負担を減らし、デザインはシンプルで機能性を重視したリフォームとなりました。

 

費用は約345万円(税抜き)、工期は10日間でした。

 

 

 

 

 

 

 

modern-living
八王子・多摩市を中心に、西東京エリアのリフォームならモダンリビングにお任せください。戸建住宅・マンションのリフォーム承ります。

コメントをどうぞ

*


captcha *